オイルミルズ

LDLとアラキドン酸

LDLという言葉を知らない人は多いかもしれませんが「悪玉コレステロール」という言葉は聞いたことがある人が多いでしょう。
LDLは、悪玉コレステロールのことであり、これは名前の通り、体にとって良いものではありません。
LDLによって引き起こされる病気には、血液や血管のトラブルのものが多く、有名なものに動脈硬化があります。
血液や血管に関わるトラブルは生命の危険が伴うものです。
そして、LDLの増加は肥満やメタボリックシンドロームとも関係があります
このように、LDLの増加は体にとって害となる要素がたくさんあるのです。

体内にある脂肪をまとめて脂肪酸と言いますが、その種類は様々です。
アラキドン酸のような体にとって有効なものもあれば、LDLのもととなる中性脂肪やコレステロールといった体にとって良くないものも含まれます。
アラキドン酸が直接中性脂肪やコレステロールになるわけではありません。
しかし、アラキドン酸を多く含むものは肉類や魚類といった脂肪を多く含むものです。
そのため、アラキドン酸をたくさん撮ろうと肉類を食べ過ぎると、脂肪をたくさん摂ることになり、肥満や動脈硬化を引き起こすこともあるのです。

基本的に、食生活が洋風化した現代では、アラキドン酸不足であることは少ないと言われています。
無理なダイエットをしていたり、徹底したベジタリアン生活をしていたりしない限り、動物性脂肪が不足することは滅多にないのです。
ですから、体のためにアラキドン酸を摂りたいと思っても、すでに必要量をきちんと摂取できていることの方が多く、新たに食事を変える必要はない場合が多いのです。
どちらかというと、吸収を促す食べ合わせの良いビタミン類を一緒に摂ることを意識した方が良い人の方が多いです。

また、LDLが気になっている場合には、肉の摂取を減らしてその分魚から動物性脂肪を摂取するようにしましょう。
魚の動物性脂肪はLDLの抑制に役立つことが研究で明らかになっています。
動物性脂肪が全てLDLになる、とかアラキドン酸の摂りすぎも体に良くない、とか安易に考えず自分の今の食生活でどちらがどのように過不足しているか考えて食生活を見直すようにしましょう。