オイルミルズ

アラキドン酸て何?

最近、健康志向が高まりサプリメントや栄養素についてもよく勉強している人が増えました。
そういった人たちの中で注目されているものの一つにアラキドン酸があります。
アラキドン酸は、DHAやEPAと同じように脳の活性化やアンチエイジングに役立つものとして注目されています。
ただ、研究のための抽出方法が確立されるのが他の二つより遅かったため、注目されるのも遅くなりました。
そこで、ここではアラキドン酸がどのようなもので、体にとってどのような働きをするものか紹介します。

アラキドン酸は、必須脂肪酸の一つです。
必須脂肪酸は名前の通り、体の働きの中でとても大切な役割を果たす脂肪酸のことです。
特に脳に多く存在し、脳の働きを助けてくれます。
最近では、認知症やアルツハイマー病予防として効果があることが明らかになり注目されるようになりました。
これらの病気予防となると中高年や高齢者が摂るべきものと思われがちですが、そうではなく全世代に必要なものです。
乳幼児期の脳を作る時期にはもちろん、記憶力を向上するため学生にとっても必要なものです。

もともとアラキドン酸は体内で生成することができます。
しかし、それだけでは必要量を満たすことができないですし、加齢とともに生成量も減っていきます。
そのため、食事で補うことが必要になります。
アラキドン酸は動物性脂肪に多く含まれるので、肉や魚に含まれています。
現代では食生活の洋風化に伴い多くの人が毎日肉を口にしています。
そのため、意識しなくても1日に必要な量は摂取できている場合が多いです。
ダイエットや食事制限で肉や魚の摂取量を制限している場合には、必要量が補えていない場合があります。
メタボリックシンドロームや糖尿病などで食事制限がされていて、アラキドン酸不足の場合には魚やサプリメントでの摂取を考えましょう。
魚は同じく脳に良いとされているDHAも含んでいますし、良性の脂でコレステロールを減らしてくれる働きがあります。
また、サプリメントであれば、コレステロールを摂ることなくアラキドン酸のみを摂取できます
ただし、過剰摂取は体に逆効果をもたらします。
そのため、サプリメントの摂取については医師の指導を受けるほうが良いでしょう。