オイルミルズ

アラキドン酸とオレイン酸の違いとは

アラキドン酸は不飽和脂肪酸の一つです。
この不飽和脂肪酸の中で最も有名なのがオレイン酸です。
オレイン酸はオリーブオイルやナッツ類に含まれる脂肪酸です。
不飽和脂肪酸の中でもっとも酸化されにくく、生活習慣病の予防や改善にも効果があります。

生活習慣病の予防ができたり、不飽和脂肪酸の一つであるため、この二つは同じと思われがちです。
しかし、名前が違うことでわかるように同じカテゴリーには存在しますがその性質は少し異なります。

まず大きな違いとして、先ほど紹介した酸化の問題です。
アラキドン酸はオレイン酸と異なり酸化しやすいのです。
そこで、酸化を防ぐためにビタミンEと一緒に摂取すると良いとされています。

そして、オレイン酸自体には体内で何か効果を生み出すものではないということがあります。
しかし、先ほどオレイン酸には生活習慣病予防の効果があると紹介しました。
これは、オレイン酸はあくまでも体内で分解され様々なものに変化し、その変化したものによって様々な効果が得られるということなのです。

私たちの体内では微量ながらアラキドン酸を生成することができます
ただし、体内での生成量だけでは十分ではないですし、加齢とともに生成できる量が減っていくため食事での補給が必要なのです。
この、体内での生成の材料の一つがオレイン酸なのです。

オレイン酸を摂取することで得られる効果は様々です。
例えば、悪玉コレステロールを減らしてくれたり、胃酸の分泌を抑えてくれたり、便秘を予防したりといった効果があります。
アラキドン酸を多く含むものを直接摂取することももちろん脳の働きや免疫力向上に効果的です。
しかし、肉類を毎日摂りすぎると体にとってはあまり良くありません。
そこで、オレイン酸の摂取を心がけることで食事バランスを整えることができます。
最近ではノンオイル調理が注目されています
これは、ダイエットのために油を用いず調理する方法です。
油を取らないことがダイエットや生活習慣病予防になると安易に考えず、調理に用いる油の種類を考えるようにしましょう。
オレイン酸を多く含む油を用いれば、油を用いるのに悪玉コレステロールを減らすこともできます。

↓アラキドン酸サプリの役割